Case1:茨城県水戸市の田んぼの様子
こちらの田んぼでは毎日イノシシが出没するとこ。

対象害獣: イノシシ 
防獣ネット:
設置尿: コヨーテ、マウンテンライオン
設置間隔: 3-5m
投入量: 20ml
期間: 2011年9月7日-10月4日
結果
投入後、近隣の田んぼからイノシシの姿が消えました。投入日から日中の温度が35度以上となり、尿の蒸発量が増え、尿が少なくなると、イノシシが出現するようになり、再度新しい尿を投入すると、イノシシが近くらか姿を消しました。

Case2:茨城県山中の田んぼの様子2
こちらの田んぼでは毎日イノシシが出没するとこ。

対象害獣: イノシシ 
防獣ネット:
設置尿: コヨーテ、マウンテンライオン
設置間隔: 3-5m
投入量: 20ml
期間: 2011年9月7日-10月4日
結果
投入後、近隣の田んぼからイノシシの姿が消えました。投入日から日中の温度が35度以上となり、尿の蒸発量が増え、尿が少なくなると、イノシシが出現するようになり、再度新しい尿を投入すると、イノシシが近くらか姿を消しました。

Case3:岐阜県の田んぼの様子
こちらの田んぼでは設置前日にイノシシが出没した場所に設置。

対象害獣: イノシシ
防獣ネット:
設置尿: マウンテンライオン
設置間隔: 5-8m
投入量: 10ml
期間: 2011年9月14日-9月26日
結果
一度警戒心のないウリ坊が入ったものの、親のイノシシは入って来ませんでした。

Case4:大阪府の竹林(竹の子)の様子
こちらの竹林では2-3日間隔にイノシシが出没するとのこと。

対象害獣: イノシシ
防獣ネット:
設置尿: コヨーテ
設置間隔: 5m
投入量: 10ml
期間: 2011年10月13日-11月20日
結果
尿の設置した場所付近にイノシシが来るも、竹やぶに侵入しないとのこと。尿を設置していない場所にはイノシシが侵入した形跡があった。

Case5:愛媛県のみかん畑の様子
こちらのみかん畑では毎日にイノシシが出没するとのこと。

対象害獣: イノシシ
防獣ネット:
設置尿: コヨーテ
設置間隔: 3-6m
投入量: 10ml
期間: 2011年10月23日-
結果
尿の入った容器から1m付近まで足跡がある。尿を設置していない畑ではいのししがみかんを食べた形跡がある。設置4日目に侵入を許すが、みかんを食べた形跡がない。通常であれば、侵入したらみかんを食べるとのこと。尿の臭いを嫌がり、退散した様子。その後、別の獣道を作り侵入を試みるが、その獣道にも対策をすると、侵入せず退散。周辺のミカン畑でイノシシ対策用の柵を施していないミカン畑はイノシシにかなり荒らされた。尿を設置したこのミカン畑は殆ど被害がない状態になった。
「他のイノシシ忌避剤は1週間以内に効果がなくなり、酷くミカン畑が荒らされたが、尿の効果は明らかに他の忌避剤とは異なる効果で驚いた。」(畑所有者談話)